Twitterが売却へ? グーグルなどが買収を打診か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

twitter-baisyu
9月19日(20日)から、文字数を緩和したTwitterですが、新たに身売りの話が出てきました。
Twitterの身売りは以前から報道されていたことです。

スポンサーリンク

Twitterが身売り?

Twitterは、日本では最も人気のあるSNSの一つですが、2015年初頭からはアクティブユーザー数が3億人余りで停滞していて、近年台頭している他のソーシャルメディアアプリ(Facebook、Line、Instagram等)との競合に苦戦しているとのこと。
そして今回の売却報道です。

【9月24日 AFP】米経済専門局CNBC(CNBC)は23日、米ツイッター(Twitter)が、米グーグル(Google)の親会社アルファベット(Alphabet)や米顧客情報管理(CRM)大手セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com)などへの売却に向け動いていると報じた。これを受け、同日の米株式市場ではツイッター株が20%余り上昇した。

ツイッターの身売りの可能性は、ここ数週間にわたり取り沙汰されていた。CNBCの報道は匿名の情報筋に基づいたもので、身売り案はまだ早期段階にあるとされている。
ツイッター、グーグルなどが買収打診か 報道で株価沸騰

関係者によりますと、「ツイッターの役員会は概ね取引に好意的だが、売却は直近に迫ってはいない」と伝えています。
すぐには売却という話にならないかもしれませんが、今後そのようなことが本当に実現するかもしれません。

ネットの反応

『今が売り時。会社の価値が今以上に上がるとは考えにくい。』
『事実ならとても大きなニュースです。』
『twitterって、日本以外ではあまりはやってないでしょ。果たして買う意味あるかな。』
『待って、Twitter売却されちゃうの?』
『TwitterはGoogle、SalesForce以外にもマイクロソフト、Verisonあたりも、名前でてますね。オークションプロセスに入ってるようなので、多分、売却の流れですね。』

など、様々な反応がありました。

世界的人気はFaceBook

日本のSNSではTwitterとLineに圧倒的に人気があり、その下にFaceBookなどの他のSNSという感じです。

しかし、世界ではFaceBookが一番人気です。
2016年7月にはFaceBookの全世界利用者が17億人を超えました。
Twitterは全世界で3億以上で、FaceBookに大きく差をつけられてます。

日本以外ではFaceBookに圧倒的支持があるわけです。

Twitterは誰でも簡単に登録でき、匿名性が低いこと。
難しい操作なく利用できることから、日本人に受けているのだと思います。
このままだと利用者が増えていくとも考えにくいので、売却は本当に実現するかもしれません。

管理人からすると、Twitterが一番使いやすいSNSなので仕様や利便性が変わらなければ売却があっても良いかなと思ってます。
もし他の企業が買取したとして、どのようにTwitterを発展させていくか興味があります。

■ランキング:ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク