【札幌雪まつり】 すすきの会場の魚氷が来年も継続されることが発表に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さっぽろ雪まつりすすきの会場の名物となっている『魚氷(さかなごおり)』
氷の中を魚が泳いでいる風に見せる幻想的な展示物です。
1984年から33回続く歴史あるイベントで、観光客に親しまれてきました。

スポンサーリンク

動画 (道新Webより)

今年11月に北九州市で行われた『魚の氷漬けスケートリンク』にかわいそう悪趣味などの苦情が寄せられて中止になったことから、札幌雪祭りの『氷漬け』も「来場者が不快な思いをしないように」に中止になる方針が先日発表されていました。

雪まつり名物 ススキノの「魚氷」展示中止へ

しかし今日、会場を運営する「すすきの観光協会」が企業に迷惑をかけないように、企業から協賛を受けない形で来年も『魚氷』を継続していくことを発表しました。
関連リンク:さっぽろ雪まつり「魚氷」規模縮小し継続

賛否両論あるとは思いますが、今後もイベントが続いていくということなので良かったと思います。
ただ規模は縮小して、これまでと違った形になるということです。

スポンサーリンク