近鉄車掌飛び降り問題で、飛び降りた車掌を擁護する声も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

21日朝、乗客対応にあたっていた近鉄の車掌が、乗客の対応中に突然制服の上着や帽子を投げ捨てて、線路上を走って逃走。
駅の高架橋から地上に飛び降りたというニュースがありました。
その車掌さんは腰椎(ようつい)を骨折しています。
無事に治るといいですが心配ですよね。
リンク:近鉄 ダイヤ乱れ客と口論の車掌 地上に落ち骨折 東大阪

スポンサーリンク

飛び降りた職員を擁護する声も

この事故は車掌と乗客が口論になっていたことが原因みたいです。
目撃者によると、車掌は『もうこんなん嫌や!』と言っていたみたいで、毎日乗客の対応にあたっていて何か嫌なことがあったのかもしれません。
リンク:乗客対応中に突然…車掌が“線路飛び降り”

近鉄は今回の件について、「お客様にご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます」と謝罪してます。
owabi-syasou

当然、他の人を巻き込む可能性もあったわけですし、口論と関係ない乗客にも迷惑がかかります。
駅員として絶対にやってはいけない行動です。
ですがその一方で、車掌を擁護する声もあります。

彼を一方的に責めるだけなのは可哀想に思えます。
なぜ飛び降りたのか原因を考えて、対策あったり、二度とこのようなことを起こさないように心のケアを行っていくことも同じくらい大切なのではないでしょうか。

Twitter上で近鉄に要望の動き

「今回の一件は車掌だけが悪いのではなく、クレーマーも悪いのではないか?」
「クレーマーのやりたい放題でいいのか?」
「スタッフも守るようにしないと日本のホスピタリティ崩壊しちゃうの」など、男性だけを悪者にするのではなく、この問題について真剣に考えていこうという声が多くありました。

今回の一件について、Twitterでは「近鉄に社員を守ってと呼びかけよう」という声まであります。

近鉄車掌飛び降り問題「クレーマーから職員守って」Twitter上で近鉄に要望の動きに掲載されているインタビューによると、車掌さんの命に別条はないと回答が出ています。
まず命の心配がないのはホッとしましたね。
無事回復することを祈ります。

今回の問題について、「車掌は何も悪くない!」、「駅員としてあるまじき行為だ!」、「飛び降りるのは良くないけど、クレーマーになるのも良くない」など、人によって意見はそれぞれだと思います。

今回は乗客との口論が原因になったみたいですが、「言葉の暴力はどこまで許されるのか。」、「どこまでいくとお客じゃないのか。」、「もしそうなった場合、どのような対応を行うのか。」、「どうやってスタッフを守るのか。」ということを、もっと真剣に考えてみることは大切なのではないでしょうか。
もちろん各会社にそういった対応がある所もありますが、もう一度今の対応が正しいのか考えてみるのも良いかもしれません。

■ランキング:ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク