MOONというゲームを知っていますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレイステーションで発売した「MOON」というゲームを知っていますか?
1997年10月16日にアスキーが発売したゲームです。
クロノ・トリガーやスーパーマリオRPGなどを手掛ける西健一さんが手掛けています。

アンチRPGともいえる異色作で、今も根強いファンが多くいます。
今回はこのゲームについてお話します。


スポンサーリンク

ゲーム内容

キャッチコピーは「もう、勇者しない。」
アンチRPGを題材に作られたゲームです。

モンスターを倒す勇者、家の中に入ってタンスを荒らす勇者。
そんな勇者の姿を別の視点から見たゲーム。
主人公は普通の少年。
とある理由で、自分がプレイしていたゲームの中に閉じ込められてしまいます。
その世界に登場する勇者はモンスターを一方的に倒し、他人の家を物色する英雄とはとても呼べない勇者でした。

モンスターは勇者に倒されてしまったことで、本体からソウル(アニマルの魂)が抜けた状態になってます。
いわば幽霊のような状態。
主人公はそんなモンスターの魂をキャッチして、本体に戻すのがこのゲームの役割です。

モンスターごとにソウルを捕まえられる条件は違います。
特定の時間にしか出現しないモンスター。
後ろからこっそり近づいて捕まえないと逃げてしまうモンスター。
特定の行動をしないと出現しないモンスターなど、モンスターごとに捕まえられる条件が違うので頭を使う必要があります。

そんなモンスター達を捕まえていくのが主なミッション。
このゲームを語るにはネタバレは厳禁です。
ストーリーが肝なので、ネタバレを見ると面白さが半減してしまいます。
ですので、ストーリーについて語れないのが残念です。

こちらは当時話題になったCMです。
勇者の裏の姿を描いたユニークなCMになってます。

MDシステム

ストーリーについて語れないので、MD(MoonDisk)についてだけ語ります。
このゲームは急いでクリアするタイプのゲームではありません。
マップをのんびり探索しながら、住人と会話したり、モンスターを捕まえたりしながらのんびりとプレイしていくゲームです。

そんな本作に癒しを与える要素がMoonDiskです。
MDとは、ゲーム中に入手したり購入することができる音楽CDで、30曲以上のCDを入手することができます。
プレイヤーは任意に好きなCDをセットして、いつでもゲーム内BGMを変更することができます。
プロが作曲した曲を中心に、へんてこなBGM、開発者が提供したBGMまで。
個性豊かなBGMを自分で好きなように流すことができます。

今回、私が好きなBGMを3つだけ紹介します。

■226.46th st.
園山光博氏による一曲。
サックスが素敵です。
お洒落なバーで演奏されていそうな曲です。

■父よ私に神の力をください
アーティストはイナウイニ河岸ピープル。
ゲーム内の説明文では
アマゾンのイナウイニ河岸の住人たちの村祭りの様子を現地で録音したもの。
シャーマンの伝承とキリストの再来を祈る聖歌

と書かれている。

本当か嘘か、アマゾンの村祭りで録音した歌だという。
もう歌詞なんかないのかもしれません。
ただ楽しく神に祈るために歌う。
そんな曲。
何を歌っているのかどんな内容なのかも分からないが、一度聴いたら忘れられない曲だ。

■KERA MA GO
MOONといえばKERA-MA-GOをあげる人も多い代表曲。
英語の歌詞だが、父よ私に神の力をくださいと同じく歌詞なんか分からなくたって楽しめる一曲。
ゲームに登場するとある女の子が歌ってくれる曲で、MDとしても入手できる。

MOONにはサウンドトラックCDも販売されています。
「MOON オリジナル・サウンド 」「THE SKETCHES OF MOONDAYS ~WE KEPT OUR PROMISE TO YOU~」という2種類がある。
後者のほうは完全版ともいえるサントラです。

どちらも高騰していて、「THE SKETCHES OF MOONDAYS ~WE KEPT OUR PROMISE TO YOU~」に関しては中古で3万円以上することもザラ。
新品であれば10万円前後が相場です。
入手するのは困難です。
再販のめどもなく、入手する手段はほぼないと思っても良い。

プレイする方法

MOONは移植などは一切行われていません。
PSStoreのゲームアーカイブスでも配信されていません。
現時点でプレイする方法は、プレイステーションのMOONを入手してプレイするしかありません。

幻のエンディング

そんなMOONですが、2015年1月に幻の没エンディングが発見されました。
普通にプレイしていたのでは絶対に見ることができないエンディングです。
超絶ネタバレです。
MOONをプレイしたことのない方は絶対に見ないほうが良いです。
それに、MOONをプレイしてない方が見ても意味はよく分からないでしょう。

最後に

MOONはアンチRPG、RPGの裏側を描いたようなゲームです。
このゲームをプレイして、何を感じるかは自分次第です。
ゲームへの見方、考え方が変わるかもしれません。

一つ言えるのは、ゲームやRPGを否定はしていないこと。
西健一さんは今も新しいゲームを開発していますし、ゲームを否定したものではありません。
むしろRPGを好きな人にこそプレイして欲しいです。

モンスターを捕まえるのにひたすら待たないといけなかったり、一部難易度の高いものがあったりと、若干不便な所もあります。
移動も遅く、今のゲームになれているとテンポは悪く感じるでしょう。
心と時間に余裕がないと楽しむことは難しいかもしれません。
MDをかけながら、心に余裕を持って世界観にひたりながらのんびりと楽しむ。
そんなゲームです。

この記事を読んで興味を持った方はプレイする価値はあると思います。

スポンサーリンク