黒田博樹投手の引退を海外サイトも伝える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広島カープの黒田博樹投手が昨日引退を発表しました。

黒田博樹投手は2008年にドジャースに移籍。
2011年まで活躍し、ドジャースのエースとなりました。
調子が悪くても6回3失点のクオリティ・スタートを達成する抜群の安定感を誇り、四球の少なさでも評価されたピッチャーでした。

2012年にはヤンキースに移籍。
ヤンキースでも先発の柱として活躍し、2014年にヤンキースとの契約を終了してます。

同年、メジャー球団から高額オファーもありましたが、それを蹴って2015年に広島カープに復帰。
広島カープの精神的支柱として、2年間活躍。
2016年には、広島カープのリーグ優勝に大きく貢献しました。

上記のように、メジャーでも長く活躍していたため、黒田博樹投手の引退のニュースを海外の主要サイトでも取り上げられていました。

スポンサーリンク

海外サイトの反応

 ○YES Network

 ○FRANCE24

 ○MLB Trade Rumors

 ○NY Times Sports ReporterのDavid Waldsteinさん

ヤンキース公式サイトでも

NYYヤンキース公式サイトでも、「Kuroda will call it a career following Japan Series」として黒田投手の引退を動画付きで紹介。

各ニュースサイトやジャーナリストは黒田博樹投手の引退を伝えていて、日本やメジャーリーグでの成績も紹介してます。
メジャーリーグで長く活躍しただけあり、海外サイトでも反響が大きいようですね。

日本人選手に多い怪我もほとんどなく、毎回安定したピッチングを見せる。
ダルビッシュや田中選手ほど日本では話題になりませんでしたが、最も活躍した日本人投手の一人だと思います。
今後、黒田選手のような日本人メジャーリーガーが誕生することを切に願います。

関連リンク
黒田博樹の引退を米メディアも続々速報 「安定感のある投手の見本だった」

スポンサーリンク