U16-北朝鮮代表 1年間の出場停止処分が決定 意図的に失点したと判断

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

kitas4909ad

今年の9月23日に行われたAFC U-16選手権2016のグループステージ第3戦「北朝鮮代表 VS ウズベキスタン代表」で珍しいゴールが生まれたと、以前お伝えしました。
リンク:【動画あり】 2位抜け狙う? U16北朝鮮代表 相手GKに”不可解なゴール“許す

1位通過/2位通過を決める試合で、U16-北朝鮮代表が2位抜けを狙ってわざと負けたのでは?と思われるプレーがありました。
それが原因で北朝鮮は失点し、最終的に3-1でU16-ウズベキスタン代表が勝利してます。
詳しくは上記リンクを見てもらえば分かると思います。
この試合について、何らかの処分が下されるのではないか?と噂されていましたが、処分が決定したようです。

スポンサーリンク

U16-北朝鮮代表 1年間の出場停止処分が決定

この試合を受けて、アジアサッカー連盟(AFC)は11月4日、U-16北朝鮮代表GKチャン・ぺクホに罰金1000ドル(約10万円)と1年間の出場停止を通達。
同代表チームを率いていたユン・ジョンス監督にも、罰金5000ドル(約51万円)と1年間の出場停止処分を科したと公式HPを通じて発表しました。

AFC U-16選手権2016をグループ1位で通過したウズベキスタン代表は、準々決勝でU-16イラク代表に敗れ、2017 U-17ワールドカップの出場権を逃す結果に。
一方、グループ2位で通過した北朝鮮代表は、準々決勝でU-16オマーン代表を破り、2017 U-17ワールドカップ出場権を獲得しました。
この後北朝鮮は準決勝でイランに敗れています。

決勝ではイランと準決勝で日本に勝利したイラクが戦い、PK戦の末にイラクが勝利して優勝を飾りました。
kita11106

「AFC U-16選手権2016」の書誌情報
項目名: AFC U-16選手権2016
著作者: ウィキペディアの執筆者
発行所: ウィキペディア日本語版
更新日時: 2016年11月06日 06:06 (UTC)
取得日時: 2016年11月06日 09:11 (UTC)
版指定URI: https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=AFC_U-16%E9%81%B8%E6%89%8B%E6%A8%A92016&oldid=61266045
主な執筆者: (改版集計情報)
項目の版番号: 61266045

今回の処分でGKチャン・ぺクホとユン・ジョンス監督は2017 U-17ワールドカップに参加できないこととなりました。
現在の所、北朝鮮代表の出場資格取り消しなどはなく、同選手と監督の処分のみ発表されているようです。

スポンサーリンク