最新のIBAF 野球世界ランキングが発表! WBC快進撃を見せたイスラエルが19位に浮上

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が最新のIBAF 野球世界ランキングを2017年3月29日に発表しました。
今回のランキングは、WBC2017の結果が反映されています。

まず先に前回のランキングからです。

順位 変動 ポイント
1 日本  5669
2 米国  4928
3 韓国  4823
4 台湾  4239
5 キューバ  3857
6 メキシコ  △2 3081
7 ベネズエラ  2684
8 カナダ  ▼2 2200
9 オランダ  △1 2071
10 イタリア  ▼1 2008
11 オーストラリア  △2 1933
12 プエルトリコ  ▼1 1759


出典:WBSC公式サイト

スポンサーリンク

最新ランキング

次は、最新ランキングです。

順位 変動 ポイント
1 日本  5699
2 米国  5378
3 韓国  4789
4 台湾  3901
5 キューバ  3737
6 メキシコ  2961
7 ベネズエラ  2804
8 オーストラリア  △2 2433
9 オランダ  2071
10 カナダ  ▼2 2020
11 プエルトリコ  △1 1759
12 イタリア  ▼1 1708
13 チェコ  △1 1362
14 パナマ  △1 1318
15 ニカラグア  △1 1267
16 ドミニカ共和国  ▼3 1169
17 コロンビア  △2 1003
18 ブラジル  ▼1 900
19 イスラエル  △22 804
20 ドイツ  587
21 アルゼンチン  △1 516
22 中国  ▼4 493
23 スペイン  ▼2 376
24 ロシア  ▼1 351


出典:WBSC公式サイト

日本は1位を死守

WBCでベスト4に残った日本は1位をキープするも、WBCで優勝した米国に大きく接近されました。
日本には首位をキープして欲しいです。

イスラエルが快進撃!

今回のランキングは、何と言ってもイスラエル代表でしょう。
韓国・台湾・オランダに勝利して1次ラウンド突破したイスラエルが前回から22位順位をアップして、19位になりました。

気持ちいいくらいの大幅順位アップですね。

そして未だ、日本が1位、韓国が3位、台湾が4位とアジア勢の強さを見せています。
この順位は、WBC以外にもIBAF公認の国際大会(U12~プロ)の結果に基づいて集計されているため、WBCで結果が出なくても他の大会で結果を残せば上位に入ることができます。

その他ランキング結果については、Rankings | WBSCを参考にしてください。

スポンサーリンク