DMMのオンラインゲーム「カオスサーガ」が一日でサービス終了!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

chaossaga
DMMのオンラインゲーム「カオスサーガ」が一日でサービス終了したと話題になってます。
ネタじゃないの?と思うかもしれませんが、本当に1日でサービス終了してしまいました。
サービス終了したのには、実はとある理由があるらしいのです。

スポンサーリンク

カオスサーガとは?

カオスサーガは、2016年11月15日(火) 12:30に正式サービスを開始したPC用ブラウザ向けMMORPGです。
サービス開始したばかりなのですが、何と2016年11月16日(水) 15:00を持ってサービスが終了してしまいました。

カオスサーガはBRAEVE(株式会社ブライブ)がDMMゲームスで展開していたタイトルです。
株式会社ブライブは2015年6月に設立された会社で、「World End Fantasy」「月華美人~七つの神器~」などのゲームも手がけています。

オンラインゲームは通常早くても半年、長いものだと数年以上運営されるものもあります。
オンラインゲームはよほど人気がない限り、数ヶ月でサービス終了すること自体めずらしいのです。
そんな中、わずか1日でサービス終了。
さすがに1日で終了したというのは聞いたことがありません。
ギネスに認定されそうな記録です。

サービスが一日で終了へ

そして今日、ゲーム公式サイトで「サービス終了のお知らせ 」のお知らせが掲載されました。
リンク:サービス終了のお知らせ

本タイトルにてご利用いただいたポイントについては順次全額返還されていくとのことです。
公式サイトにはサービスが終了した理由については「諸事情」としてか書かれていません。
しかしネットでは、スクウェア・エニックスのMMORPG「ファイナルファンタジー11」からデータの盗用があったのでは?と噂されているようです。
※あくまでも噂であり事実と異なる場合がございます。

10月21日にはカオスサーガの公式Twitterが始まりましたが、こちらは9ツイートしかありません。
今回のサービス終了を受けて、Twitterのほうも更新が止まるかもしれませんね。
【公式】カオスサーガ

前代未聞の1日でオンラインゲームがサービス終了。
本来はゲームの面白さで有名にしたいはずですが、製作者が意図しない形で有名なタイトルになってしまいました。
カオスサーガのタイトルのように、まさに『カオス(混沌)』なゲームとなってしまいましたね。

カオスサーガのプレイ動画

スポンサーリンク