グーグル決済(アンドロイドペイ)、日本でも2016年秋に開始へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米グーグルが、決済サービス「アンドロイドペイ」を、今年の秋にも日本国内で開始すると発表しました。
日本では三菱東京UFJ銀行と提携してサービスを行うようです。
Android_Pay_logo

スポンサーリンク

グーグル決済/アンドロイドペイについて

アンドロイドペイとは、事前にクレジットカードなどを登録すると、店頭でスマートフォンをかざすだけで買い物ができるようになるサービスのことです。
店頭の読み取り機にスマートフォンをかざすだけで決済が完了するので、現金に代わる支払いサービスとして注目されています。
アンドロイドペイはお店だけではなく、インターネット決済にも対応してます。

利用するにはクレジットカードが必要になります。
三菱UFJニコスのクレジットカードに対応予定で、今後対応クレジットカードは増えていくとのことです。

日本ではスマホが広く普及しています。
このようなサービスとは相性が良さそうですね。
クレジットカードを持ち歩くのに抵抗がある人にも良さそうなサービスです。
スマートフォンならいつでも持ち歩きますからね。

日本では『おサイフケータイ』というサービスがありますが、これに変わる新しい決済として定着するのか期待がかかります。

海外では?

アンドロイドペイは2015年に米国で始まったサービスです。
ヨーロッパ、シンガポール、オーストラリアでもサービスが開始され、2016年秋からは日本でも開始されることになります。
まだ始まったばかりのサービスなので、これから普及するかどうかということでしょう。

米グーグルが、決済サービス「アンドロイドペイ」を今秋にも日本国内で始めることがわかった。まずは三菱東京UFJ銀行と提携し、店頭でスマートフォンをかざすだけで買い物ができるサービスを始める見通しだ。実現すれば、同じスマホを使って海外でも買い物ができるようになる。
グーグル決済、日本でも秋開始 三菱東京UFJ銀と提携

■ランキング:ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク