5億年ボタン、あったら押しますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットではカルト的人気な菅原そうたのCGマンガ作品『アルバイト(BUTTON)』。
知っている方もいますが、知らない人のために紹介したいと思います。

アルバイトとは、週刊SPA!で連載されていた菅原そうたのCGマンガ作品『みんなのトニオちゃん』の中に収録されている漫画です。

元々は、2001年に発売された週刊少年ジャンプの増刊 GAG Special 2002に『BUTTON A PART TIME JOB』という名称で掲載されていました。
この漫画を『みんなのトニオちゃん』のキャラクターに差し替えて収録したものです。
話の筋は同じで、キャラクターのみ異なっています。
(どちらも菅原そうたさんの作品です)

スポンサーリンク

登場人物

トニオちゃん
toniocyan
ジャイ太
jyaita
スネ郎
sunerou

漫画の内容

■漫画を先に読みたい方はこちら
[ 閲覧注意 ] 世にも怖い漫画『5億年ボタン』
5億年ボタン YouTube

■内容
5okunebotan

自給のいいバイトを探しているというジャイ太とスネ朗が、友達(舎弟)のトニオちゃんから一瞬で100万円稼げるバイトを紹介してもらうというストーリーです。
怪しがりながらもバイトの説明を聞く、ジャイ太とスネ朗の二人。

トニオによると、何でも一瞬ボタンを押すだけで100万円もらえるアルバイトだという。

このボタンを押した瞬間、感じないレベルで微弱電波が流れて何もない空間にワープしてしまう。
ワープして、5億年間、何もない空間でただひらすら『生きない』といけない。
何もない空間で5億年生きた後に現代に戻ってきて、100万円もらえる。というアルバイトです。

この物語の肝は、終わった瞬間に時間も体も元の状態に戻って、記憶も完全に消されることです。
元の世界に戻ってきた本人はボタンを押してからの5億年、何もない空間で過ごした記憶を忘れてしまいます。
押した瞬間に100万円を手にしたと錯覚してしまうのです。

5億年間、何もない空間でただ一人生きるだけ。
その時は、ボタンを押したことは認識できます。
ボタンを押したことを後悔しながら5億年生きないといけません。

『死ぬ』こともできないため、何もない空間でただ過ごすことしかできません。
お腹がすくことも、病気になることもない。
生きることだけが唯一の目的です。
途方もない時間を経過して、思考が神の領域に達するか、無の境地に達し、そしてやっと現実の世界に戻ってこれます。

しかしこれで完全に記憶は消去されます。
本人はおろか、周りの人は誰もそれ(5億年の時間経過)を体現できる人できません。
ボタンを押して100万円を手にする瞬間しか全員自覚(知覚)できないのです。

本人や周りからしたらボタンを押すだけで100万円出てきたと思うでしょう。
強欲な人なら迷わずもう一度ボタンを押しまくるかもしれません。
でも、押した分だけ5億年を体験しないといけません。
すると押したことを思い出し、後悔するのです。

慎重なら人なら、押した瞬間に出てくる100万円に怖くなってボタンを押さないかもしれません。
絶対に何かがあるわけですから。

この話の怖さ

話を聞くと、「自分は絶対に押さない!」「俺なら押す!」と、色々な考え方の人もいるでしょう。
でも、ネタを知ってるからそういう議論が出来るのだと思います。

漫画の中のキャラクターは、押すことで本当に5億年経過するのか分かりません。
ストーリーを知っている自分たちとは全く立場が違うのです。

トニオちゃんがふざけて、5億円ボタンを紹介してくれたのかもしれません。

もし知り合いが5億年ボタンを薦めてきたら、果たして押さない人はどれだけいるでしょうか。
みんな話を信じず、「どうせ嘘だろ?」「何か仕掛けてるのかな?」とその場のノリで押しちゃうのでは?
中には相手にせずに押さなかったり、怪しすぎて押さない人もいるでしょうが。

そしてボタンを押したら本当に100万円が出てくる。
この時点で、5億年の記憶が消去されます。
本当に押しただけで「100万円」が出てきた!と錯覚してしまうのです。
そのときの気持ちは、きっとその場にいる人たちにしか分からないと思います。

どんな仕掛けがあるのか機械が疑う人もいるでしょう。
お金が偽者だと思う人もいるでしょう。
お金欲しさに何も考えず、さらにボタンを連打する人もいるでしょう。
怖くなってお金を返して、ボタンを二度と押さない人もいるでしょう。
本当に5億年経過したのか、考えを巡らせる人も中にはいるのかもしれません。

このネタを知ってからの「押す」「押さない」議論は無意味に思えます。
これがこの話の怖さだと思います。
「押さない派」の人たちも、何も知らない状態で友達が真剣に5億年ボタンを進めてきたら、ボタンを押さない自信はありますか?

5億年はどれくらい長い?

【日計算】 1,825億日
【時間計算】 4兆3,800時間
【分計算】 262兆8,000分
【秒計算】 1京5,768兆秒

これが5億年分になるようです。
数字にすると大したことなく見えますね。
凄すぎて、どれだけ凄いのか分からなくなるだけだと思いますが・・・。
関連リンク:5億年ボタンとは ニコニコ大百科

■Amazon
みんなのトニオちゃん
みんなのトニオちゃん

実はドラえもんにも同じような話があった

■哲学的な何か、あと科学とか
思考実験(2)どこでもドア

実はドラえもんにも、同じような話がありました。
当然創作のお話(哲学)です。
どこでもドアにまつわる怖い話です。
興味がある方はぜひ。

スポンサーリンク